タコ焼き大好きな私ですが、先日頂いたタコ焼きプレートでタコ焼きディナーを決行しました。

息子はまだ2歳だし、ホットプレートを触ったりして火傷をしないよう、細心の注意を払いながらのタコ焼き。私と娘@4歳と息子 の3人。そう現場監督は私のみ。かなり目を光らせながらタコ焼きを作りました。



1回目にしてはイビツだけど、まぁまぁな出来。





実はお好み焼きやタコ焼きは夫の担当。タコ焼きを一人で焼いたことはなく、お友達と一緒に冷やかし程度に楊枝で回した位。そこを今日は子供達の目の前で、なんとか形にしないといけない。あと火傷をさせないように距離を保ちながら焼く。そして距離を置きすぎて、おたまから生地をあちこちにこぼしながらも、なんとかプレートでタコ焼きを転がしていたら、、、

甘かった。読めなかったことがひとつありました。

takoyaki


子供達が高い打率でタコ焼きを落とすこと。

フォークに刺して、口に運ぶ瞬間にコントのように落とす。。。。

どれだけ落とせば気が済むのだ。そしてこれがまた転がる。。

どんぐりコロコロドンブリコォォーーーー怒。

普段は床に落ちたものは食べない!と子供達に強く言ってるのに、、、転がりの少なく、ソースが床に接地していないタコ焼きを必死に見極め、都合の良い3秒ルールで、美味しく頂きました。あぁ