2011年10月

今日は朝一番から病院で採血され、
久しぶりに早起きをしたので、
計画的に過ごしたつもりが…

出来ないよね~

油断したらあっという間。

ダラダラしちゃいました~


さて夜は、イギリスの映画監督が3/11を撮った
"The Tsunami and the Cherry Blossom"という
ドキュメンタリーのショート映画を観てきました。

その映画監督は、ルーシー・ウォーカーさん。左側の方。

海保知里オフィシャルブログ「NYでなりゆ記」Powered by Ameba-未設定

映画「Wasteland」で有名なようですが、
私は、彼女の作品は映画「Devil's Playground」しか
観ていませんでした。

この「Devil's~」でアーミッシュについて知り、
かなり面白かったんですよねー。
(さっそくDVDで「Wasteland」見よっと。)

どうも、アカデミーの短編ドキュメンタリー候補に
挙がっているそうで、もしかしたら、いい線いっちゃうのかも。

試写室が激寒で、これまたガクガク震えていたカイホ。
おかしいな、私暑がりなのになぁ。

そんなこんなで眠いぜよ。寝るぜよーー

海保知里オフィシャルブログ「NYでなりゆ記」Powered by Ameba

映画「(500)日のサマー」で大好きになった
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット (ポスターの右側)
が主演の映画『50/50』をやっと観てきましたっっ
映画「インセプション」にも出ていましたー)

日本でも12月から公開するらしいですが、
これは良かった。うん、すごく良かったーーー

ポスターの左側にいるセス・ローゲンは、
スタンダップ・コメディ出身で、
今のアメリカのコメディ映画に欠かせない俳優なんです。

彼のグフグフ・オタク笑いがツボなカイホです。
(有名出演作:「40歳の童貞男」「ノックトアップ」「スーパーバッド」

セス・ローゲンの脚本家のお友達が
ガンになった体験を元に本を書いていますが、
悲しい現実にコメディの要素が素敵にブレンドしています。
狙わず淡々と進んでいくのがこれまた好き。

あぁいい映画を観るとパワーがみなぎるーーー

よし、一週間頑張るぞーーー

ニューヨーク植物園に行ってきました

お目当てのカボチャの写真を撮りおえ、

ちょうど日本の秋のお花の展示を
しているというので、
ちらっと覗くと、

photo:01



菊菊菊!!

まるでお葬式のよう

菊に罪は無いけど、
どうもこのお花たちの前で、
ピースして写真を撮る気には
なれないのでした。

さ、マンハッタンに戻り、
今から映画を観てきます。
面白いといいなぁ~

ではではー素敵な一週間を


相方くんと映画鑑賞帰りに、デモの集団を見かけました。

ニューヨークのウォール街から始まったデモが拡大し、
(今日は世界各地で一斉に行われましたが、)
タイムズスクエアでも夕方5時~デモが決行され、


"WE ARE 99! WE ARE 99!"


というシャウトが、耳に飛び込んできました。

『99』は、富裕層は1%で、
それ以外はみな99%にあてはまる、
という『99』のことを指しています。
格差是正を求めるみんなの叫びです。


すごい人でした。43rd Streetから47th Street
のタイムズスクエアは年越し並みのぎゅうぎゅうの混み具合。

photo:01

photo:02

photo:05

ブロードウェイを観に来た人たちは、劇場から出て、
この騒動に相当驚いたでしょうね。
道も封鎖して機動隊も出動ですからね。

photo:03

photo:04

そして、真上から見たデモの一角のショット↓

photo:10

(白い洋服の着用のお願いを、デモ参加で呼びかけたそうですよ)

そんな中、お気楽集団がおなーりー。

photo:06

"We zombie protest too!!"

「俺たちゾンビだって抗議するぞー」と
ただの先取りハロウィンのような感じでした。

photo:07

photo:08

考えてみれば、ちょうどニューヨークは、
コミ・コン(New York Comic Con)が開催されているので、
アニメやマンガのキャラクターを始め、
なんだか仮装集団が異常に多いです。

ある意味、視覚が賑やかな週末です

昨夜は、お友達とバースデーディナーでした!

photo:01



ビリヤードも出来る素敵なレストランは、
フレンチビストロ風。

全部美味しかったのだけれど、
暗くて、口に運ぶまで、
食べてるものが定かでなく
闇鍋ちっくで楽しかった

ただ、想定外に非力すぎて、
キャンドル二本の火をすぐに
吹き消せなかったのは
内密にお願いします

ふぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ

↑このページのトップヘ