娘の小学校生活がスタートしました!

FullSizeRender

おはじきなどの算数セットに名前シールを貼ったり、名前スタンプを押したり、必要なレッスンバッグ、ランチョンマット、上履き入れ、体操着の準備など、やっと新一年生で必要なもの全ての名入れが終わりました!



準備に疲労困憊。

なんだか落ち着かないカイホ。



というのも、私の小学校生活が原因。



実は日本の小学校生活を、小1の最初の数ヶ月、小6の最後の半年しか経験していません。父の仕事で渡米し、殆どアメリカの現地の小学校だったので。土曜は、日本で勉強する内容を一日でやるという (物理的に無理) 日本人補習校に通っていました。小学校時代に通った学校は、現地校で引越しもあり全部で5つ。


なので!


日本の小学校の記憶が殆ど無い!

経験値が少ない!


(親戚が「りぼん」「どらえもん」や小学生雑誌に「ベストテン」などのビデオを送ってくれたり、紅白や大河をケーブルテレビで視聴していたのでなんとなく日本に触れながらの生活ではありましたが)


今回の小学校の準備をしていても、なんだろこれ?と思うこともいっぱい。算数セットの細長い棒は、、何ですか?(下記の写真)あと、お手製レッスンバッグって昔から必須でしたっけ?私は持っていなかったような?既製品じゃないんですね。



FullSizeRender


私の小学校生活との一番の大きな違いは、登下校。アメリカは1人で登下校なんて危ないので、ずっと車で送り迎えされていました。


FullSizeRender


テンパリスト海保は、学童に持っていくお弁当にアタフタ。あと寝坊しないかという不安で、朝方何回も早く目覚めたりと (完全なるレム睡眠)。先週は蕁麻疹が連日手に出来たり(笑)忘れ物がないか連絡帳やプリントとにらめっこ。


早く小学生ママとして慣れたい所です。保護者会にPTAと色々待ち受けていますよね。あぁドキドキ、ソワソワ。娘の方がドーンと構えている毎日です


先週、娘の卒園式が行われました。

卒園式では、子供と親一人がみんなの前に出る場面がありました。

向き合って、子供が親へメッセージを伝え、そのあとに親が手紙を読むスタイル。私と娘の番になって、面と向かってありがとうと言われまして、、、言葉が瞬間的に出なくなりました。こんなにぐらっと感情を揺さぶられるとは思いませんでした。そのあとギュッと抱きしめました。

在園児からの歌やメッセージも感動。涙腺崩壊スイッチがあるんですよね、子供たちの言葉には。


IMG_7381



そして、先生たちへの感謝を込めた謝恩会やママお疲れ様二次会もありました。

びっくりしたのは、なんと子供たちで勝手に約束をして、次の日も(パパたちを動員して)近所で遊んでいたこと!仲の良いお友達がいっぱい出来たことが何よりの財産だね。

↑このページのトップヘ