アメリカで起きている素敵なムーブメント#clearthelist をご存知ですか?
(日本のニュースサイトではまだ見かけていないのですが)

なんと見知らぬ人が 教師に物資を贈る動き がアメリカで起きているのです!

と言ってもいきなり贈るのではなく、学校の教師がアマゾンで作った「ほしい物リスト」(Amazon wish list) にクラスで必要な文房具や絵本などをリストアップし #clearthelist #clearthelists #supportateacher などのハッシュタグとともにSNSにアップ。すると親切な誰かがリストの中にあったものをカートに入れて購入してくれます。するとそのリストをアップした教員の元にクラスで必要な物がどんどん届けられていくシステム!

IMG_1264

(クラウドファンディングgofundmeのサイトのスクリーンショット)

募金をする上記のようなサイトも登場。コメントを載せている教師たちは自分のアマゾンほしい物リストのリンクを添付しています。


アメリカでは、財源がなくなるとすぐ教育費がカットされることが多く、教育熱心な先生は仕方なく自腹を切って教材を揃えたりしているのです。(トランプの今年度予算ではアメリカ教育省は71億ドルのカットを要求と某記事で読みました)ハリウッドセレブや有名ユーチューバーも募金をして、困窮している先生たちのリストに書かれている物品がどんどん購入されていき、各地で嬉しい悲鳴が上がっています。


このニュースを見たとき、日本での

絵本を買えない保育園の窮状を訴えた保育士のツイッター

を思い出しました。
「自腹で購入した絵本を見てください」と訴える投稿に「私もです」など同業者たちからの反響も大きくて、その投稿がきっかけとなって全国の保育園に絵本1万冊の無償支援に乗り出す古本屋さんが登場しました!


いいですね。世の中捨てたもんじゃない!と思えますよね!!こういった時にみんなが絵本で助け合い支援するという流れも最高に素敵です。

ちなみにアメリカでは、結婚式や赤ちゃんが生まれた時に必要な物のプレゼントリストを友達に公開し買ってもらうgift registery(ギフトレジストリー)という文化が当たり前のように存在しているので、浸透しやすいのかもしれませんね。今後日本でも困っている学校や保育園の先生がリストを公開して、その中から買ってあげたい、生徒さんを助けたいと思える動きが起きるといいですよね。。。


先月 副鼻腔炎の手術を受けました。忘れっぽい自分への備忘録という形でブログに記録として詳細を残すことにしました。長文ですが、まとめました。(知りたくない方は飛ばしてくださいね)

初期症状

数年前のいつ頃からか風邪をひきやすくなり、喉の奥を気持ち悪いものがいつも通過するようになりました。(恐らくこれが後鼻漏) 声がおかしくなったり、鼻声になったり。上咽頭炎が続き、仕事が忙しくなって声が出なくなったり。ステロイド点滴やらBスポット治療法にチャレンジしたこともありました。

風邪が悪化すると、おでこや頬、さらには歯まで痛くなるように。これがいわゆる急性の副鼻腔炎。薬で対処。家では鼻洗浄。

そして年始の人間ドックの脳検査で2度目の副鼻腔炎にひっかかりました。体調が悪いのはそれが原因。頭が痛くてかかりつけのお医者さんに相談をしたら、日帰りで手術ができるクリニックを紹介してもらいました。日帰りでその先生が立ち会ってくれることもあり(執刀医は別)、紹介してもらったクリニックに決めました。でも予約もこちらもいっぱい。手術は半年後に。

またしばらくして、手術のための検査を。やはりまだ副鼻腔炎を確認。アレルギー検査でも花粉やハウスダストなどの反応はバッチリ。(数年前の検査では良くなっていたのに。今度はブタクサのアレルギーが消滅。身体って本当に不思議。)手術をしてもおかしくないと。

予定として、日帰り手術を2週続けて+毎回付き添い帰宅+術後しばらく週1で通院。

1回目の手術

1回目は、湾曲している鼻腔(鼻中隔湾曲症)を真っ直ぐにする手術を。。鼻腔が曲がっていると鼻づまりがひどくなりやすく、副鼻腔炎の悪化や再発を起こしやすくなるそうです。

軟骨をゴリゴリと削ったり、コンコンとトンカチらしきもので砕くのですが、あんなホラー体験は初めてでした。局所麻酔なので意識ばっちりで1時間。トントントンの音が顔全体に響く。角度によって、頭蓋骨が割れるのではと怖くなる。

でも焼いてる香りがすると、これはレーザーか!と逆にホッ。麻酔が追加されると、先生から聞いた話の通りに、心臓がバクバクし、妙なテンションに。

トントンされ続けたからか、手術中はなぜか ♪生きて生きて生きて〜と脳内で「ザノンフィクション」の音楽が流れていました。

さらに途中でピーーーーーーッと耳管が通って、綺麗に空気が抜ける瞬間があり、思わず歓喜の声をあげてしまうほど気持ちの良いものでした。


一時間ちょっと。簡単にすぐできる手術ではないのを身をもって体感。先生の集中力、スタッフの皆さんも含め、すごいなぁと痛く感心してしまいました。


手術が終わって、2時間後に夫が迎えに。見た瞬間いきなり笑われました。

鼻が倍に膨らんでいると!

大げさな!と思ったら、ipadが顔認証で私だと認識してくれませんでした。



FullSizeRender


ガーゼ10枚入れてると違うみたいです。鼻血が数日止まらず、1回目のあとは黄緑色のおぞましい鼻水がたくさん出てきました。そして次の日にガーゼ外し!クリニックの外に出ると、突如街角のゴミの匂いがボォンと鼻腔を攻めてきて驚きました。鼻が通ってる!

手術の後は、鬼のようにネットで副鼻腔炎の手術の体験談を読み漁りました。この痛みは自分だけではないよね?手術を受けた人は今どうなの?と知りたい欲求でいっぱいに(笑)これは今でも収まらず、まだ調べてます。なんなんでしょう。

1週間後・2回目の手術


鼻中隔やら副鼻腔に空間を作り、膿を出す手術。骨をミシミシまた折って、副鼻腔の上顎洞篩骨洞の入り口を広くして開放する。今度は2回分の手術を。


鼻の穴に内視鏡を入れて先生がモニターを見て動かすのですが、それが鼻の入り口の骨に当たって地味に痛い。でもトントンなどの作業をするのに仕方がないわけで😭涙がつーっと頬を伝います。今回は前回よりも奥での作業。眼球が気配をふわんと感じる瞬間がありドキドキ。あと頭が割れそうな、ものすごい頭痛に襲われましたが、ステロイドを注入しすぐ楽に。

手術中、マイケルジャクソンが音楽として流れていました。ちなみに息子の帝王切開の時はブルーノマーズ。(これは麻酔医のアメリカ人の先生のiphoneに入ってる曲の中からということで)意識がありながらの手術で静寂はきついですね。音楽は必須!


終わって数週間


かなり痛かったですが、初めて鼻の中に空気がスムーズに通る感覚を味わえるようになりました!耳の感覚も変わりました。術後数日は下を向くと鼻血が出るので、綿球で鼻栓をするのは思ったより大変でしたが、日帰り手術なので子供達の面倒も見られるし、家事もできるし、在宅で仕事もできるので本当に便利でした。もちろん痛くて、痛み止めのボルタレンにも助けられましたが、あれがなかったら、特に術後の最初の夜は眠れませんでした。


1ヶ月後


そんなこんなで1ヶ月経ち、まだ味覚と嗅覚が少々鈍い状態ではあります。塩気や甘さは伝わるけど、香りや匂いはそこまで。


あと、元々のアレルギーも影響してるのか鼻腔が痛いです。一日2回鼻洗浄をしていますが、レバーのような血の塊が出てくることも。初期はこれが5、6センチありビックリ。(これが出ないで固まるとかさぶたになり、鼻の中が詰まるようです) 出れば出るほど達成感が大きかったですが、もう1ヶ月経つと殆どなくなりました。


まだ100パー完治ではないですか、気持ちは軽いです!鼻から空気を吸うと、スーーッとよく通っていくのは快感です

続きを読む

↑このページのトップヘ