昨日はトニー賞2018の放送がありました!
ブロードウェイの最高峰を決める祭典です!

週末にでもゆっくり録画を見ようかと思っていましたが、、「プレミアナビ」の収録で小堺一機さんから少しトニー賞の話を伺い、もおぉぉ待ちきれなくなってしまい(笑)帰宅してご飯を作って、大急ぎで録画を鑑賞。


IMG_9967


「スパイダーマン」役や「ソーシャル・ネットワーク」での眉毛くんで覚えている人も多いアンドリュー・ガーフィールドが主演男優賞を受賞。Angels In America観たい。そして、ネイサン・レインが演劇助演男優賞を受賞。同性婚したパートナーに向けてウルウルしていたのが印象的でした。久しぶりに見たのが、SATCのドラマでキャリーの恋人で芸術家役だったミハイル!「オレンジ・イズ・ザ・ニューブラック」のクレイジーアイズ役の人だ!とか、プレゼンターを見られるだけでも嬉しくなってしまいました。
そして素晴らしいパフォーマンスがいくつもありました!!

フロリダのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の演劇科の先生に教育賞が授与されたのですが、彼女は銃乱射が起きた時に生徒をオフィスにかくまったことで有名。そしてその生存者でもある演劇科の生徒によって「レント」のSeasons Of Loveが歌われました。

元々大好きな曲ですが、そのプレゼンターがドラマ「グリー」のシュー先生のマシュー・モリソン!グッときちゃいました。

「アナと雪の女王」のミュージカルチームによるパフォーマンスも最高で、子供達を呼び寄せみんなで見ました。とっても綺麗でした。生で観たいなぁ。


最後に一番驚いたのが、ロバート・デニーロ!!!

「F〇〇〇(チクショウ)トランプ!」とFワードを叫び、なんと会場はスタンディングオベーション!放送禁止用語なんですけど、ピー音が入らず。生放送だったから間に合わなかったんですね。そしてもう一度言うデニーロ(笑)すごい。いまトランプはシンガポールでトニー賞を見れないだろうから言ったのでしょうか(笑)


そんな後にブルース・スプリングスティーンのパフォーマンス。登場の際、気のせいなのか、ブーというブーイングの声が何回も聞こえて、何かあったのかしら?もしかしてトランプ支持派のブーイングか?とネットで調べたら、なんとブルースの名前を、観客がブルゥーーーーーーーースと叫ぶので、ブーイングに聞こえるだけでした(笑)

結局昨夜では視聴が終わらず、早起きしてまた見ていましたが、なかなか見応えのあるトニー賞でした


カンヌ映画祭授賞式のお手伝いをしました!ムービープラスチャンネルで独占生放送でした。

IMG_9463

そして久しぶりに別所哲也さんとのお仕事でした。毎度しっかりされていて博識でいつも頼りにしてしまいます。負んぶに抱っこな海保でした。

IMG_9462

ちなみに以前ご一緒しましたミスインターナショナルでの写真

IMG_9589

…数年前だけどわたしバブリー(笑)

そして!報道でご覧になった方も多いと思いますが、是枝監督の「万引き家族」が最高賞のパルムドールを受賞しました。日本人としては今村昌平監督「うなぎ」以来21年ぶりの快挙!

グランプリには、スパイク・リー監督の「BlacKkKlansman」。今やスターウォーズのカイロレンで有名はアダム・ドライバーが出ています。HBOの「ガールズ」で存在を知りましたが、最初は、ドラマ「フレンズ」のロスにどこか似てるなぁとぼんやり思ったものです(笑)冷静になると全然違いますけど。。

特別賞はジャン=リュック・ゴダール の「The Image Book」。今回のカンヌ映画祭のポスターにも使われているのが、ジャン=リュック・ゴダール監督作品の「気狂いピエロ」。

あと授賞は逃しましたが、ドラマ「ウォーキング・デッド」のスティーブン・ユァンが出ている「Burning」早く観たいなぁ。(ウォーキングデッドのグレン役がすごく良かったんですよね。)
村上春樹さんの短編「納屋を焼く」が原作なんですって!

初めてカンヌのお手伝いをして、まさかのパルムドールの瞬間に番組上立ち会えとてもラッキーでした。思い起こしてみれば、アカデミー賞に中継でお伺いした時「おくりびと」がアカデミー賞外国語賞を受賞した時でしたし、私は運だけで生きているなと、、またしみじみ感じた1日でした♡

追記: 生放送の同時通訳部分を字幕に差し替えた再放送版がムービープラスチャンネルであるそうです。見逃した方は是非!

FullSizeRender


そこまで日本では話題になっていませんが、、、

映画「ブラックパンサー」は、今年2月にアメリカで公開されてから大大大ヒットで、
アイアンマン、マイティソー、キャプテン・アメリカも抜いて、マーベルの中で一番のヒット作!なんと気づけばアナと雪の女王」も超えています。

アメリカの歴代興行収入ランキングだと1位が「スターウォーズ フォースの覚醒」、2位が「アバター」、そして3位が「ブラックパンサー」、4位が「タイタニック」、5位が「ジュラシックワールド」!アメリカだけでなく、世界の歴代興収でも10位に食い込んでいるのです!(2018/4/17現在)


アフリカ系アメリカ人のパッとしない王子とめちゃくちゃ強い周りの女性たちのキャスト、テンポの良さ、裏切りや友情のバランスと、エンターテイメントとしてたまらない内容でした!自分さえよければそれでいいのか?という問いかけも心に響きました。


IMG_8924


カイホが通っている英会話の先生達の多くが「ブラックパンサー」を観ていて、みんなの忌憚のない意見の中には、キャストは全員アフリカ系アメリカ人なんだし、あのCIAの捜査官はいらない!あんな踊りはアフリカにはない!とかアフリカの言語の監修が良くない!などなど(笑)これが映画の醍醐味?もちろん映画界を変えた!とか肯定的な意見もいっぱいですが、みんなであーだこーだ言うのは楽しい時間です。(あの鼓舞させる?踊りはマオリ族みたいでした。。)


あるアフリカ出身の先生に、他のアカデミー賞の映画の話を伺っていくと、「シェイプオブウォーター」の半魚人は自分の結婚生活のようだよ、、、奥さんにとらわれの身!!なーんて冗談を言っていました。

でもその先生の生い立ち話を聞いていくと、先生のご両親はその国の生まれではなく、親戚も少なく、他の子供に比べて色も違い馴染めず、どちらかというと引きこもりがちで、アニメとか怪獣ものを見ていた、、と話しだし、おいおい、それってその映画の監督のデルトロさんじゃないかい!と突っ込みを入れつつ、いる場所に属したいのに属せないもどかしさを、先生のまくし立てる言葉のスピードから感じました。確かにぱっと見はアフリカ人ではなく、中東系?どちらのご出身かな?と思いましたし。

、、、とかなり脱線しましたが(笑)「ブラックパンサー」の映画を学校で見に行くと決定した瞬間に生徒たちが狂喜乱舞したり、テニスやサッカーのプロ選手が劇中に出てくる「ワカンダ永遠に」というポーズ(腕をクロスさせる)を披露していたり。異様な盛り上がりを見せているのは間違いないようです!


追伸:みなさまコメントをありがとうございます。松岡海良さん、すみません告知が遅くて!また今度オンエアされるときは少し早めにご連絡しますね!エリーさん、ゴールデンウィークのお天気はどうなりますかね?かふうさん、コメントはどこに書くか悩みますよね(笑)正直どこに書いてくださっても嬉しいです!何よりインスタとブログと両方チェックしてくれて嬉しいです!あずあずおばちゃんさん、私は常にボケボケなので「流行ってるらしいね!」と、それを教えてくれたお友達に向かって話していることが多々あり恥ずかしいです。毎回確認しちゃいます(笑) り〜さん、はなまるを毎日見てくださっていたんですね!嬉しいです。ありがとうございます!たんとさん、ラジオを聞いていただき本当にありがとうございます!また何かあれば是非聞いてくださいね〜!!kobaさん、ご購入ありがとうございます!カイホスタンプはいかがですか? 吉田Qさん、全部聞いてくださったんですね!本当に本当にありがとうございました!AbemaTVは確かに分かりづらいですよね。パソコンから視聴も実はできますし、あとは携帯のアプリでも視聴可能です。 杉恵子さん、横浜特集を見て頂きありがとうございます!感激な杉さんにむしろカイホが感激です!はなまる時代からというのも嬉しいです!Eijiさん、私も知らない方の家にロケなどで行くと、テレビのチャンネルがどこに固定されているか気になります(笑)

↑このページのトップヘ